ホーム > 中部TOP > 豊橋・有楽町のちょんの間

愛知豊橋・有楽町の裏風俗(ちょんの間)の調査報告

豊橋の有楽町は、元遊郭街です。その名残りでいまも5軒の「ちょんの間旅館」が残っているそうです。目印は「玄関の扉が二センチほど開いている」ということだけ。ポン引きもいないし、もちろん看板も出していません。それどころか5軒のうちの2軒は「一見さんお断り」だとか。つまり、初めての客は入れない。誰かの紹介がない限り遊べないらしいです。よっぽど慎重に営業を続けているんですね。通りを探しても問題の旅館がみつからないので、路地からでてきたいかにも遊び人風のおやじに訊いてみました。そしたらこのおやじも裏風俗の愛好家らしく、上機嫌に現場まで案内してくれました。なんか気味が悪いくらい古くてボロい旅館でしたが、「お、営業中だ」確かに玄関扉が2センチほど開いています。おやじによると、営業時間は9時〜23時。料金は20000円。嬢のレベルは「そこそこ」が5割、「一応勃つ」が4割、残りの一割が「妖怪」、だそうです。


豊橋・有楽町のネトナン事情

豊橋・有楽町のちょんの間 アポ取りがなかなか決まらず、結局「援交女子」と一夜をともにすることになりました。とっても色が白く、身体の小さな女の子です。じつは彼女、音大に通っていて、新しいバイオリンを買うためにお金を貯めているんだそうです。でも、バイオリンって高いんでしょ? 新品をゲットできるまでに、あと何発おまんこしなけりゃならないのでしょうか。こんな小さな身体の小さなおまんこでやり遂げることができるのでしょうか。と思いましたが、それはそれ。小さなおまんこはとても弾力があって、気持ちのいいエッチをすることができました。おまけにフェラのテクも抜群でした。彼女は間違いなくエッチの名演奏家です!



豊橋・有楽町のちょんの間の相場

プレイ時間は30分12000円


※写真は小型カメラで撮影したものなんで画質が荒いです。尚、画像の転載は禁止しています。


次の記事はコチラ




管理人が利用する掲示板一覧


更新履歴