ホーム > 苫小牧の裏風俗(本サロ)を調査

北海道苫小牧の裏風俗(本サロ)の調査報告

苫小牧の裏風俗 苫小牧(トマコマイ)という地名はアイヌ語で「沼の奥にある川」という意味なんですって。
意味深な地名です。
問題の本サロ街もキャバクラが点在する錦町のさらにまた奥地の路地裏にありました。
ええ、はっきりいってたいへん怪しい雰囲気です。
店のドアに手書きマジックで「風俗店」とか書いてあります。
ぼんやりそれを眺めていると暗がりから妻夫木聡クンによく似たかっこいいポン引き兄ちゃんが現れ「やるなら10000円ポッキリ。
顔見るなら1000円。
余計な金はとりませんよ」とニッコリ笑っていいました。
強引なところが全然なく、とってもさわやかな青年です。
そのうえお兄ちゃんはそのあと街を案内してくれて、美味しいラーメン屋まで教えてくれました。
あんがい良心的な本サロ街なのかもしれません。


エリア

苫小牧の本サロの相場

相場/プレイ時間

10000円(プレイ時間30分から40分)


苫小牧のネトナン事情

苫小牧の本サロ 若い女子の投稿にせっせとレスを返したのですが、メアドゲットさえできません。そもそも投稿の数が少ないです。そこで仕方なく、といったら悪いですが41才の熟女さんとアポを取ってしまいました。

でも、結果的に素晴らしく性格のよい熟女さんでした。だって苫小牧の西、50キロ以上も離れた社台という町にお住まいだというのに、わざわざ車で私の泊まるホテルまで迎えに来てくれたうえ、観光案内まで買って出てくれて、最後にはホテルでエッチまでさせてくれたんですから。

エッチのあと、ホテルから最果ての海を見ていると、気分はすっかり健さんです。って、健さんは出会い系で女を探したりするわけありませんよね。



※写真は小型カメラで撮影したものなんで画質が荒いです。尚、画像の転載は禁止しています。




管理人が利用する掲示板一覧


更新履歴